注意点について

親子

嚙み合わせが悪くなる

おしゃぶりによって嚙み合わせが悪くなったり、歯並びが悪くなってしまうというトラブルが良くあります。おしゃぶりを使用している期間が長かったことや、おしゃぶりのサイズが正しくないことが原因となります。

言葉の発達が遅れる

赤ちゃんがおしゃぶりをしている間は赤ちゃんが静かになってくれるため、非常に助かりますよね。しかし常におしゃぶりを咥えさせてしまうことによって、赤ちゃんと親が触れ合うような時間は少なくなってしまいます。したがって言葉の発達が遅れてしまうようなこともあるのです。

中耳炎といったトラブル

おしゃぶりをしている赤ちゃんは、中耳炎になりやすいと言われています。なぜかと言うと、おしゃぶりを咥えていることによって口の中が不衛生になり、菌が鼻から耳に伝って中耳炎を引き起こしてしまうのです。

おしゃぶりの取り扱いに注意

おしゃぶりは使用方法を誤ることによって赤ちゃんに悪影響を与えてしまうものです。おしゃぶりの注意点をきちんと理解しておくことで、トラブルを回避することができるでしょう。

おしゃぶりに関連するおススメの記事

赤ちゃん用品

使用する時期

赤ちゃんがおしゃぶりを始める時期は、生後2か月~4か月ごろが良いでしょう。おしゃぶりは長い期間使用することによって、卒業が難しくなってしまいます。目安としては1歳ごろにおしゃぶりを卒業することができるように考えておきましょう。

READ MORE
ベビー

おしゃぶりの選び方

おしゃぶりを選ぶ時はおしゃぶりの素材や形を見て、赤ちゃんに合うものを判断する必要があります。また、おしゃぶりのケア方法などによって選ぶことも良いでしょう。

READ MORE
赤ちゃん用品

正しい使い方

おしゃぶりを使用する時は、使用方法をきちんと守るようにしましょう。例えば、生まれたての赤ちゃんにおしゃぶりを使用してはいけません。新生児に使う事によっておっぱいを飲まなくなってしまうこともあるのです。

READ MORE
親子

注意点について

おしゃぶりによって歯並びが悪くなってしまうといったことはよく聞くことだと思います。おしゃぶりの使い方に注意していないと、赤ちゃんにとって悪い影響が出てしまうことがあるため注意しましょう。

READ MORE
広告募集中